岐阜県は、日本のちょうど真ん中に位置する県です。山と川に囲まれた自然豊かな土地です。ですが、この岐阜は北と南では気候が全然違います。北に位置する飛騨地方では、冬はかなりの雪が降ります。気温もマイナスになる為、寒い場所だと言えましょう。一方、南に位置する美濃地方では、夏になると最高気温が40度まで上がる、日本一暑い街があるのも、この美濃地方です。そんな岐阜で行う外壁塗装ですが、大体、長くて10〜20年、短くて3〜4年と、使用する塗料によって塗り替える時期が異なります。そして、住んでいる地域の気候によっても、塗り替える時期というのは異なります。外壁は太陽の紫外線や雨風の影響を思ったより受けています。日本一暑い街と称される美濃地方では、太陽の紫外線の影響を受けやすいですし、雪の多い飛騨地方では雪の影響を受けやすいです。

岐阜県のことをよく知る外壁塗装の業者を探す

これは岐阜だけに限ったことではないですが、外壁というのは意外と外からの刺激を受けやすいのです。特に太陽の紫外線や雨風といった、天候によって被害を受けやすいです。それに日々の汚れによって、どんどん外壁は傷んでいきます。そして、外壁塗装は年々劣化し、そのうち、防水効果が落ちてしまいます。そこで次に起こるのが、外壁のひび割れです。このひび割れによって雨水が中に浸透していき、傷みがどんどん進行していきます。このひび割れですが、ひび割れた部分だけを埋めてしまおうという人が多いと思いますが、雨水が浸透してしまっている外壁にパテで埋めても、傷みごと閉じ込めてしまい、完全な修復とは言えません。最悪な場合、大きなリフォーム工事が必要になる可能性があるので、きちんとした外壁塗装をしましょう。

岐阜で外壁塗装をする際のタイミング

先程もお伝えしましたが、岐阜は北と南では気候が違います。山に囲まれている岐阜ですが、北の方はその山に寒気がぶつかる為、冬では気温がマイナスになり、雪深い地方となります。南の方は暖かい空気の吹き溜まりになりやすい為、夏は暑く冬は寒いです。なので、外壁塗装は雪が解けた、暑くなる前の時期が一番好ましいです。塗った塗装を乾かす時間も考えて、やはり、この時期が一番好ましいでしょう。寒過ぎても乾きませんし、暑過ぎて早く乾いても良くありません。どんな塗装会社に頼んだ方が良いかというと、一番良いのは大手ハウスメーカーだと保障やアフターフォローがしっかりとしています。しかし大手ハウスメーカーは職人さんを雇っていません。殆どが外注に出しているのです。そう考えると塗装費用が高くなる可能性が高いです。そのため塗装費用を抑えたいのであれば、塗装を専門に扱う施工店に依頼するのが妥当な方法となってきます。