岐阜県で外壁塗装を施す際に、塗装業者を選ぶポイントがあります。岐阜県は起伏に富んだ地形の為、美濃地方と飛騨地方で気候の特性が異なります。その為、それぞれの地域の気候状況に詳しく、アフターメンテナンスを受けやすい地域密着型の外壁塗装の業者を選ぶと安心です。また、同じ塗料を使用しても、職人の技術によって耐久年数が変わってきます。国家試験である1級塗装技能士の資格を持つ職人のいる業者もあります。塗料は各メーカーから優れた製品が種類豊富に販売されていますが、職人の技術によってその効果が発揮されるか大きく左右されます。そのため、初期費用は高くても、より技術の高い職人のる施行業者を選ぶことで、結果的にトータルコストを下げることができます。また、岐阜県内には創業年数が30年以上の業者も多くありますので、経験を豊富に積んだ業者を選ぶこともできます。

塗装の自己流は危険!その理由とは

岐阜県は内陸部にあり、北側の県堺を山で囲われている地形の特徴から、夏はかなり暑くなります。そのため、断熱塗料を選ぶと夏は過ごしやすく、エアコン消費量も抑えられて節電にもなります。断熱塗装は重ね塗りで肉厚にすることで断熱効果が高まるので、より高い技術が求められます。また新たに、下塗りと上塗りを兼ねた厚塗りしない最新の遮熱塗料も開発されています。いずれにしても施行費用は高くなります。しかし、自治体によっては省エネ補助が受けられる場合もありますので、ぜひ活用してください。岐阜県では、「ぎふ省エネ住宅建設支援事業費補助金」という制度があります。新築で上限30万円、既存住宅の改修では対象費用の1/2が上限30万円で支給されます。いずれも省エネルギー基準に適合する住宅であることを証明する書類が必要ですので、外壁塗装の業者に省エネの補助金を受けるための書類の発行ができるのか、予め確認しておきましょう。

岐阜県で外壁塗装を施す際の目的別種類

塗料には目的別に様々な種類があり、費用や耐用年数も変わってきます。その為、予め目的や優先順位を決めておくと外壁塗装の業者との打ち合わせがスムーズに進みます。まず、塗料の種類ですが、安価なものから順にアクリル系、シリコン系、ウレタン系、フッソ系がよく選ばれています。それらより高価になりますがセラミック、光触媒、遮熱系があります。一番安価なアクリル系と高価な遮熱系と比較してみると、平米単価相場がアクリル系は1,200円程度、遮熱系は5,500円程度となっています。次に耐用年数を比較してみると、アクリル系は7年程、遮熱系は20年程となっています。塗料の値段は遮熱系が高く感じますが、耐用年数はアクリル系の約3倍になりますので、7年ごとに塗り替える作業代を含むことと、遮熱効果で得られる省エネで節約できる分、岐阜県では省エネの補助金もでることも計算した上で、計画をたてると良いでしょう。